障がい者向けの求人・就職・雇用ならアビリティスタッフィング

「うつ病」就職体験記 「うつ病」就職体験記

障がい者雇用枠で勤務して5年目の鈴木さん。同じ病気に苦しむみなさんに、少しでも仕事と向き合うきっかけになればと、5年間にも及ぶ体験記を書いてくださいました。

この転職体験記は、うつ病を発病し、うつ病を抱えながら如何にして転職をし、今の会社で就労を続けているかについて実体験を基に書いたものです。
精神障がい者として転職活動を行い、現在も障害者雇用枠で就労している私から、「うつ病」を抱えても転職はできることをお話ししたいと思います。

目次

第0章 「はじめに」

第1章 うつ病になってしまった

Story

大手電気メーカーから、コンサルティングファームに転職。そこで出会った同志とともに、地方のITベンチャーの東京進出の仕事を始めた。常にチャレンジし続けた徹底的な仕事人間。そこに、「うつ病」という病魔が人生を狂わすことに・・・。不眠、不安、原因不明の震え、食欲不振、死にたいと思う気持ちなどの症状に飲み込まれ、精神病院に入院。こうして「うつ病」との長く厳しい戦いが始まった。

第2章 精神障がい者としての就活

Story

無事に退院したが、ベンチャー企業には復職できなかった。ローン・家族を抱え働かない選択肢はない。「再発」のしない働き方を模索するが、どこにもそのようなノウハウはない。真っ暗な闇夜をわずかな灯りを求めて試行錯誤の日々。そこで辿り着いた一つの光、「うつ」をオープンにして働くという働き方、それは精神障がい者として転職をするということだった。

第3章 うつ病とともにこんな仕事をしてきた

Story

精神障がい者として転職し、働き始めた。さまざまな迷いや戸惑いはあるが、周りの支えにより少しずつ、新しい働き方を発見していった。「うつ」をオープンにしたからこそ受けられるさまざまな配慮。それがあったからこそ、「うつ」を伴いながらも、私は着実に働き続けられている。

第4章 うつ病からの社会復帰

Story

うつ病からの転職は内定を取ることがゴールではない。いかに再発をすることなく働き続けられるかがゴールであろう。 その目標に向かってどのように転職活動を進めて行ったらいいのだろう。私が社会復帰するにあたって考えたことを、「うつ」を伴いながら働いている今もう一度振り返ってみたい。

第5章 うつからのリワークモデルに照らし合わせて戦略的に活動しよう

Story

「うつ」から転職活動は、戦略的に進めたい。「うつ」という病気の特性を踏まえて、どの段階でどんな活動を行うべきかを、それをリワークモデルとして定義してみた。チェックリストを参照しながら、今どのフェーズにいるか、そのフェーズで何をすべきかを確認してほしい。現在地と目標へのステップが分かれば、不安感はきっと少なくなるに違いない。

第6章 うつを抱えながら働き続ける9つのヒント

Story

「うつ」から転職のゴールは働き続けられること。働き続けるにはちょっとしたコツがあるのではないだろうか。私自身がこの5年間で実際に試してみて、効果があったものを9つのヒントとしてまとめてみた。このすべてを実践する必要はまったくない。使えるものをチョイスして「うつ」を抱えながら働く一助にしてほしい。

第7章 終わりに

Story

人間思ったようにはなかなか生きられないものです。環境変化という大きな波に上手に付き合っていくか(いなしていくか)が大切なものを守っていくために有効なのではないでしょうか。