障がい者向けの求人・就職・雇用ならアビリティスタッフィング

「うつ病」就職事例Case.2コンサルティング企業勤務 人事アシスタント(30歳・男性)

就職事例:Case.2
「うつ病」就職事例:Case.2
コンサルティング企業勤務人事アシスタント(30歳・男性)
これまでの経歴:
大学卒業後、法律事務所勤務。退職後は5年ほどフリーター
趣味・特技:
図書館で読書

就職活動について

就職活動は最初どのように行っていましたか?
アルバイトをしながら、ハローワークに一年間通いました。そこでは仕事が決まらなかったです。
手帳を取得したきっかけはなにかありましたか?
30歳を迎え、就労をするために手帳を取得しました。

アビリティスタッフィングを利用して

アビリティスタッフィングを利用して良かったことは?
仕事が決まったこと、サポートをしていただいていることです。
選考(お仕事紹介・面接・決定)を進めている際はどんな気持ちでしたか?
今のお仕事を最初に紹介してもらったときは、通勤時間が想定していたよりも長くかかるので、少し困惑しました。しかし、「まずはやってみよう」という気持ちで応募しました。とんとん拍子にすすんだので、嬉しい気持ちと不安が一緒にありました。

入社後

入社してからのお仕事の内容や状況は?
働いているときは、精神的な疲労も感じないのですが、終ったあとはやはりぐったりしてしまいます。22時には就寝してしまいます。朝は6時前に起きています。準備段階で、早起きは習慣にできていたので問題はありません。
アビリティスタッフィングの入社後サポートはどういったものですか?
精神保健福祉士の専門家、社外の方が来てくださって話をすることで、一カ月間の自分の仕事を客観的に見ることができます。気持ちの切り替えにもなります。社内の方には話しづらい内容も話せるので、ありがたい存在です。メールによるやりとりや、来ていただいたときの応対も、仕事をするうえでの練習になります。
職場の雰囲気や周りの方の様子はいかがですか?
100名程度同じフロアにいるので、顔と名前を覚えるのが大変で、多くの方とコミュニケーションをとっていきたいです。

今の気持ち

働き始めて良かったこと・逆に心配なことはありますか。
発症の原因であった電話応対が苦手だったのですが、現在はできるようになりました。
今後の目標や夢は?
今の調子で仕事を続けていき、正社員になりたいです。

同じ病気を抱えている方へメッセージ

なかなか一歩がすすめなくなってしまう人が多いと思いますが、アビスタをきっかけに一歩すすめてほしいです。

アビスタからのコメント

もともとの能力がとても高い方なのに、これまでのご経歴で就職活動がうまくすすまないという状況でご登録いただきました。アビリティスタッフィングでサポートをさせていただき、入社時の面接やその後もフォローさせていただいたことで、就業のお手伝いができたと感じております。決まられたときはほんとうにうれしかったです。これからも頑張っていただきたいと思っております!