障がい者向けの求人・就職・雇用ならアビリティスタッフィング

「双極性障がい」就職事例Case.1教育関連業 保育補助 (27歳・男性)

就職事例:Case.1
「双極性障がい」就職事例:Case.1
教育関連業保育補助(27歳・男性)
これまでの経歴:
大学卒業後、介護職勤務
趣味・特技:
音楽鑑賞・読書

就職活動について

アビリティスタッフィングで就職活動を始める前はどのように過ごされていましたか?
医師と相談のもと、症状が落ち着くまで休養していました。自分の適性や今後の就職活動に関してどのようにしていったらよいのか考えて整理していました。
手帳を取得したきっかけはなにかありましたか?
アビリティゲートに参加し、障がいをオープンにして働く選択を知りました。アビリティゲート参加後は障がい者となることで自分にとってマイナスなことがないことを確認できました。自分の思っていた働き方に近づくために必要と思ったので取得しました。

アビリティスタッフィングを利用して

アビリティスタッフィングに応募した理由は?
インターネットで検索し、アビリティゲート(登録会)の存在を知ってから実際に行くまでは正直迷いもありました。ホームページ上で実際に障がいを持ちながら、働いていらっしゃる方の体験記を見て前向きに考えてみようかと思い、思い切って応募しました。
アビリティスタッフィングを利用して良かったことは?
アビリティスタッフィングの担当の皆さまが、何かあったときには選考過程でも電話をいただけたり、心配なことはないかと気にかけていただいたりと真剣に向き合っていただけているなと感じられました。また、他の精神障がいをお持ちの方と選考の過程などで交流する事も出来たのもよかったです。
選考(お仕事紹介・面接・決定)を進めている際はどんな気持ちでしたか?
初めは、不安でしたがアビリティスタッフィングの担当の方が自分の事のように本気でサポートしてくれました。そのことで、必ず縁のある仕事はあると思えて、面接など自信を持って臨むことが出来ました。

入社後

入社してからのお仕事の内容や状況は?
保育関係の仕事をしています。初めのうちはフルタイムではなく変則的なシフト勤務からはじめました。現在は週5日、子どもと過ごすことにやりがいを感じています。
アビリティスタッフィングの入社後サポートで印象に残っていることはありますか?
入社後は精神保健福祉士の方に仕事や体調の悩みに関してを相談させて頂いています。細かいことなど会社に確認したいけどしにくいことなどは代わりに確認していただけたりと、精神的な負荷がかからないように配慮していただけたので助かりました。

今の気持ち

働き始めて良かったこと・逆に心配なことはありますか。
社会の一員として働けていることで、以前より自分に自信が持てるようになりました。
心配な事は、ありません。心配事ができたらまた相談させて頂きます(笑)
今後の目標や夢は?
今以上に人の気持ちを理解できるようになることで、困っている方の力になっていければと思っています。

同じ病気を抱えている方へメッセージ

就職活動には焦りや不安はつきものですが、視野を広げ自分なりにあきらめずにやれることから始めてみればきっと良い会社とご縁があると思っています。自分と同じような境遇の皆様もよい会社に巡り合えることを願っています。

アビスタからのコメント

もともとお子さんが好きで、アビリティスタッフィングを通じて保育の道に進まれました。他の先生からも、もちろん園児からも愛される素敵な先生として、ご活躍されています。はじめは短いシフト勤務から徐々に慣らしていき、試験勉強もとても頑張られました。
ご紹介の案件としては事務職が多いですが、専門業務でご活躍いただく方も増えていらっしゃいます。Kさんのように、自分にあった仕事を見つけられ、いきいきと働く事例を、これからも増やしていきますね!