障がい者向けの求人・就職・雇用ならアビリティスタッフィング

障がいをオープンにする働き方について

アビリティスタッフィングの提示している「障がいをオープンにして働く」とは、どういうことでしょうか。
お持ちの障がいを企業側に開示し、適正な配慮を受けながら働いていただくことです。その際、多くの企業が障がい者雇用枠での雇用をされております。
障がい者雇用枠とはどういった仕組みですか?
「障がい者の雇用の促進等に関する法律」(通称:障がい者雇用促進法)によって、一定規模以上の事業主は、障がい者を一定割合以上雇用する法律上の義務があります。障がい者雇用枠で働くとは、企業側が障がい者として雇用していることを国に報告しながら本人は障がいがあることを企業に開示して働くことをいいます。その際の証明として、障がい者であること(=障がい者手帳を持っていること)が必要です。
どのようにして手帳を取得すればいいでしょうか?
病状等によって、取得に条件がございます。主治医の先生、お住まいの市区町村の担当窓口でご相談ください。
手帳を取得するメリットについて教えてください。
手帳を取得されるメリットについては、人によって考え方は様々かと思います。ただし、障がい者雇用枠で働こうと考えたとき、手帳の取得は必要条件となります。是非、障がいをオープンにして就労をされた方が手帳を取得された経緯や、そのときの気持ち等をご参考にしてください。
「うつ病」就職体験記を読む
障がいをオープンにして働くことを検討している最中です。障害者手帳を持っていないのですが、応募できますか。
ご応募頂けます。ただし当サービスは障がい者雇用枠での就業を前提としておりますので、手帳をお持ちでない方へのお仕事のご紹介が難しくなっております。よろしければ一度アビリティゲートにご参加いただき、手帳を取得して働くという選択肢を検討するヒントにしていただければ幸いです。